• ホーム
  • お得にバルトレックスを手に入れるための購入方法を把握しておこう

お得にバルトレックスを手に入れるための購入方法を把握しておこう

2020年03月17日
病原体

バルトレックスとは、イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を持つグローバル製薬企業グラクソ・スミスクラインが1994年に開発した治療薬です。特許の存続期間は出願から20年(最大で5年間の延長が認められる)なので、すでにジェネリック医薬品も広く普及しています。

バルトレックスの購入方法としては、大きく分けて2つの方法があります。1つ目は、病院で医師の診断を受け、処方箋をもらって薬局で購入する方法です。

2つ目の方法は、海外からの個人輸入です。といっても、全ての手続きを個人で行うわけではありません。海外医薬品の通販(個人輸入代行)サービスがインターネット上にあるため、インターネットショッピングの要領で日本語のウェブサイトで薬を購入すると、薬が海外から発送されるというものです。

次に、バルトレックスには、海外製バルトレックスジェネリックと、日本製バルトレックスジェネリックの2種類が存在します。海外製バルトレックスジェネリックは、日本国内の病院で処方を受ける以外に、先ほど説明した海外医薬品の通販(個人輸入代行)サービスで手に入れることが可能です。一方の日本製バルトレックスジェネリックは、当然のことですが病院で処方を受けないと手に入りません。部の医薬部外品や大衆薬は薬局やネットでも購入することできるのとは異なります。

もちろん、ヘルペスをはじめ性感染症の治療には、医師の診断が欠かせません。ただし、比較的短期の投薬で治療が完了する性感染症と比べ、ヘルペスウイルスを体内から全て取り除くのはほぼ不可能です。一旦ヘルペスに感染すると、再発を防止するためには継続的な投薬が必要という点で、他の性感染症と異なるのです。

しかも、単純ヘルペスが発症した時の治療においては、医療機関にかかっても、5日分の量しか処方してもらえないことがほとんどであり、仮に症状がない場合は保険が適応されません。しかも、1年間で6回以上再発しない場合は自費診療となるのです。つまり、よほど頻繁に再発していないかぎり、再発を抑える薬は自費で購入する必要があるということです。

したがって、医療機関での診断はもちろん必要ですが、その後の長期的な服用に関しては、海外医薬品の通販(個人輸入代行)サービスを検討することが有効といえます。再発の防止には継続的な投薬が有効である以上、いかにして経済的な負担を抑える購入方法を見つけるかが重要となるのです。