薬のケースとカプセル
悩んでいる男性
男性と説明している医者と黄色の錠剤
薬を持っている様子

ヘルペスは、一度感染すると再発を繰り返すことで知られている厄介な病気です。その中でも、口唇ヘルペスというのは、単純ヘルペスウイルス1型がよって引き起こされる感染症となります。唇やその周辺に小さな水ぶくれが密集してできるのが口唇ヘルペスの特徴で、一旦症状が治まっても、感覚神経節にウイルスが潜伏し、その後何回でも発症を繰り返し、完治しないのが最大のポイントとなります。

この単純ヘルペスウイルス1型は感染力が非常に強く、ウイルスの付いた食器などを介しても感染する可能性があります。そのため家族間で感染することが多く、かつてはほとんどの人が小児期に、周囲の人との接触によって1型に感染して抗体を持っていました。しかしながら、核家族化などによって感染の数は減っていき、20~30代でも半数程度の人しか抗体を持っていないとの報告もあります。

小児期の初感染は無症状あるいは軽症となるのが通常ですが、成人が初感染すると、発熱やリンパ節の腫れ、倦怠感といった全身症状が出ることもあり、重症化しやすい傾向にあります。特に、アトピー性皮膚炎や免疫異常の病気と重なると、それらの病気を持っていない人以上に悪化します。

口唇ヘルペスが再発しやすいのは、一般的に体の抵抗力が落ちている時といわれています。例えば、風邪や熱で薬を服用している時や、疲れやストレスが溜まっている時などです。また、紫外線が大きく影響していることも分かっています。というのも、くちびるは常に紫外線を浴び続けており、極端な寒さや冷たい風は、唇や口の周りの敏感な部分を乾燥させます。くちびるのケアが不十分だと、口唇ヘルペスが再度発生しやすいのです。

また、くちびるのけがも再発の誘因といえますし、月経によるホルモンの変化は身体の免疫機能を弱めることも分かっています。単純ヘルペスウイルス1型は感覚神経節の奥深くで潜みながらも、再び動き出すチャンスをうかがっている厄介な相手と言えます。

口唇ヘルペスの再発の症状経過としては、まず、きざし(兆候)が出てきます。唇や顔面など水ぶくれができる箇所に、ムズムズ、チクチク、ピリピリといった前徴を感じることが一般的であり、再発を繰り返している人はこの段階で分かるようになります。

その後、ウイルスの増殖が活発となり、半日以内に赤くはれてきます。1~3日後に赤くはれたうえに水ぶくれができ、水ぶくれが破れると、他の部分に感染が広がります。最後に、かさぶたができて治っていきますが、多い人では年に数回も再発を繰り返します。

まずは、再発をおさえるとともに、他の人にうつさないことを徹底しましょう。再発を抑えるためには、食事は栄養のバランスを考え、日常的に運動をするとともに、十分な睡眠をとることが不可欠です。症状が出ている間は、人との接触を必要最低限にすることが基本ルールと覚えておきましょう。患部に触れた後は手を洗い、他の人と食器やタオルなどを共有するのは避けるべきです。

それでも再発の兆候が出た場合、早い時期に治療を始めることが重要です。抗ウイルス薬の使用が最も効果的ですが、抗ウイルス薬はウイルスを殺すのではなく、ウイルスの増殖を抑制する効果しかないので、症状が出るまさにそのタイミングで使うのが最も効果的なのです。兆候をつかむのは、その意味でも有益です。

ヘルペスが再発してしまうときに起こる兆候は、ムズムズ、チクチク、ピリピリといった前徴が唇や顔面など水ぶくれができる箇所現れると一般的に言われていますが、その出方には個人差があります。症状が出た時は、時間の経過とともにメモ書きで残しておくと、次回以降の兆候を判断するのに役立つでしょう。